HIHEYHELLO HiHeyHello Magazine

SKU: HHHM-006
$18.00
Issue

HiHeyHelloは、アドベンチャー、スポーツ、そしてクリエイティビティが交わる、女性のアウトドアカルチャーを讃えるプリントマガジンです。新しい時代の女性たちは、新鮮な気持ちと新しいスタイル、そして、多様性と親しみをもってより多くの人を受け入れたいという願望を持ちアウトドアを冒険しています。私たちはもはや、誰が、どのようにアウトドアに属するのかという時代遅れの固定観念に固執したり、容認したりする必要はありません。

コンテンツには、アドベンチャーストーリー、プロフィール、フード、ギア、アート、環境・社会問題、アウトドアカルチャーなどが含まれています。サーフィン、ロッククライミング、スノーボード、バイクパッキング、登山、バックヤードハイクなど、さまざまなアウトドア体験を取り上げています。

なんと言っても必見はIssue 004。SimWorks USAのリエボーことRie Sawadaが表紙を飾っています。

Issue 006:

表紙は、HiHeyHelloの才能豊かな友人であり写真家の Jo Savage が手がけました。今号では、シアトル在住のスタイルアイコンであり、冒険家、そして Glasswing のオーナーである Alisa Furoyama へのインタビューを掲載しています。ファッション、バハ半島でのダートバイク走行、そしてコミュニティの重要性について語っています。東海岸のダイバー、Chloe Ellison は、北大西洋の水中の素晴らしさを語っています。その他、アウトドア界で最も面白い女性、Katie Burell のインタビューや、プロのクライマーでありながら、妊娠ともうすぐ母親という肩書きで人生を見つめ直している Miranda Oakley のインタビューも掲載しています。また、ロングボーダーの Lola Mignot と Karina Ozunko は、波を求めて世界中を旅しており、他の多くの人々と一緒に、その放浪癖に迫ります。


Issue 005:

プログレッション / 前進  という考え方に基づき創刊された005号では、アクティブに外遊びをする人々を高揚させるために、HiHeyHelloが一番となって取り組んでいるストーリーを紹介します。

Emilé Zynobia によるエッセイ / フィルミングが彼女をアスリートとして成長させ、導くことになった。
- パラアスリートとしての可能性を再定義した Meg Fisher の物語
- Marie-Frane Roy と Robin Van Gyn のインタビュー
- Red Bull Formation が女性のフリーライドマウンテンバイクの進化をどのように支援しているか
- Mind the Gap : 登山における男女格差についてのエッセイ
- From See to Sea : バンクーバーで活躍する女性サーフフォトグラファーを紹介

 

Issue 004:

アクションフォトグラファーであり、クリエイティブな力を持つKatie Lozancichが、自分の夢の仕事を構築することを振り返る。アウトドアガイドになりたいと思ったことはありますか?Rachel Rossがいくつかのアドバイスをしています。Samina Ahmedは、ロッククライミングを通して、長年の挫折を経て自分の居場所を見つけたという痛快なストーリーを語ります。バイクパッキングに興味がありますか?カバーガールのRie Sawadaが、彼女の太陽のようなエネルギーと、必要なパッキングリストを紹介してくれます。Emily Hopicanは、インドの新世代の少女たちにアウトドアやアクションスポーツを通じて刺激を与えているコパル・ゴヤルを紹介してくれます。また、Zoe Greenhouseは、スルーハイクをしながら自分の人生に欠けているものを探しています。

表紙はMia BoltonによるRie Sawadaの写真です。


Issue 003:

ラテン系写真家のSofia Jaramilloは、ジャクソンホールの刺激的なコミュニティと、BIPOCの女性アスリートや写真家を支援したいという思いを語っています。Gladys BikesのオーナーであるCassie Hidalgoは、世界的な大流行の中、包括的な自転車店であることの意味を語ります。Anya Millerさんは、人生、マウンテンバイク、そして待つか前進するかの決断について美しく書かれた物語の中で、「続けることの意味」を問いかけます。ローラーダービークイーンのDaisy Purdyは、先住民の健康に関する募金と意識向上のために、ナバホ族からチェロキー族までの2,000マイルをローラースケートで走りました。その他にも、世界のスケートボードクルーの活躍や、季節のレシピなど、盛りだくさんの内容となっています。

表紙を飾るのは ポートランドのGladys BikesのCassie Hidalgoです。


Issue 002:

アメリカのサーフィンの歴史を黒人女性サーファーで再構築した写真シリーズを紹介します。アドベンチャーサイクリストのLael Wilcoxは、なぜ自転車に乗るのかを語り、伝説的なNat GeoのフォトエディターであるSadie Quarrierは、リスクと "ゴールドフレーム "を見つけるために何が必要かを語ります。Chelsea Murphyは山間部の小さな町で反人種差別活動を展開し、ウルトラランナーのJonnah Perkinsはアスリート、農業従事者、母親としての型破りな生活を紹介しています。94ページに及ぶ大ボリュームの内容で、ストーリーとイメージが満載の号です。

表紙。Gabriella Angotti-Jonesが撮影したサーファーのChelsea Woody。プロデュースはGnar Gnar Honeysです

Issue 001:

記念すべきファーストイシュー。スノーボーダー Gabby Maidenへのインタビュー。Elisa Schmidtが自身で初めてサーフボードをハンドシェイプするプロセスを追います。アーティスト Hannah Eddyへのインタビューではスノーボード・スケート・サーフィンとありとあらゆる横乗りを楽しむ彼女に密着。また彼女のクリエイティブの表現方法についてや、出版したビーガン料理本についても言及されています。

表紙を飾るのは、Skier Ingridによるバックカントリーの様子。撮影は Anne Cleary。