Ti Gravel Bike With Enve CX Fork
Ti Gravel Bike With Enve CX Fork
Ti Gravel Bike With Enve CX Fork
Ti Gravel Bike With Enve CX Fork
Ti Gravel Bike With Enve CX Fork
Ti Gravel Bike With Enve CX Fork
Ti Gravel Bike With Enve CX Fork
Ti Gravel Bike With Enve CX Fork
Ti Gravel Bike With Enve CX Fork
Ti Gravel Bike With Enve CX Fork
Ti Gravel Bike With Enve CX Fork

DeSalvo Custom Cycles|デサルヴォ

Ti Gravel Bike With Enve CX Fork

SKU:DV004
¥508,000

オレゴン州アシュランドに工房を構えるDeSalvo / デサルボ。 アメリカ西海岸を代表するTIG溶接マスター マイク・デサルボが主催するカスタムバイクメーカーであり、数々のNAHBS (ノースアメリカハンドメイドバイクショウ) での受賞歴が物語るように彼の溶接技術を絶対的に信頼するサイクリストはあまりにも多く、ローカルやポートランドのハードコアバイカーから多くの支持を得ています。

またUBI (ユナイテッド バイシクル インスティチュート) でのTIG溶接講師でクラスも受け持っており、後任の育成にも余念がありません。 さらには他のカスタムメーカーのOEMをたびたび請け負っている事はこの界隈の周知の事実でもあり、信頼の証とも言えるでしょう。

そんなデサルボより久しぶりにやってきたストックフレームは、2018年のNAHBSのショーバイクとして出展も構想にあった、彼の得意なチタンを用いたグラベルバイクです。

オーバーサイズチューブを用い、リアエンドには142x12mmスルーアクスルと、現代のグラベルライドにおける絶対的な安心感をもたらす規格を落とし込んだフレーム。

BBシェルにはマイク自身のフェイバリットであり、最もベーシックな規格であるノーマルスレッドを採用、12mmスルーアクスル仕様のENVE CX DISCフォーク(ポストマウント)を標準装備し、リアのブレーキ台座はインターナショナルスタンダード規格となっています。 シフターアーブルガイドは前後ともに備え付けられ、もちろんフロントダブルのアッセンブルにも対応します。

セクシーなベンドシートステイはその見た目だけでなく、ダートでの突き上げを抑えるという役目も果たし、フレームは最大で700x40cを呑み込みクリアランスを有するので、オンロードからダートライドまで幅広く楽しめる1台です。

 

サイズ

Top Tube(Effective) / 545mm (C-C)
Seat Tube / 440mm (C-C)
Head Angle / 71.0 deg.
Seat Angle / 74.0 deg.
Front Center / 604.4mm
Head Tube / 130mm (C-C)
BB Drop / 75mm
Stand Over / 772.9mm

仕様 素材:Titanium
44mm Headtube
BB : Standard Thread BB
Fork : ENVE CX Disc 12mm Thru Axle(Post Mount)
Rear End : 142 x 12mm Thru Axle 
Rear Brake Mount : International Standard
Max Tire Clearance : 700x40c

 

★仕様,納期等のお問合せ,FAQはこちら
お問合せ窓口一覧