Rouleur Magazine | ルーラー


事実と向き合う、あるいは事実から逃げないために、自分の知的欲求と社会的な現実との間にあるのがジャーナリズムだと思っています。