Bruce Gordon|ブルースゴードン


見た目はどことなくオールドファッション。そしてタイヤサイズは700x43cというユニークなタイヤサイズのこのロックン・ロードタイヤは、日本が世界に誇るパナレーサー製。 今ではごくごく普通に見つけれるようになったワイドなツーリングタイヤですが、どことなくビンテージな香りが漂うのもそのはず、最初のプロトタイプができたのは遡ること約四半世紀前の1988年、タイヤをデザインしたのはMTB界のレジェンドのジョー・マーレーでした。 スクエアなノブ同士が繋がったトレッドパターンは、街中ではスムースに、グラベルはもちろんちょっとしたシングルトラックまで高いグリップを発揮し、大量のエアボリュームは路面からの突き上げも軽減してくれます。また最適化されたコンパウンドとケブラービートを採用し、重量面も転がり抵抗値も非常に軽く仕上がってます。 これひとつで、家の玄関から始まり、車が行き来するストリートをくぐり抜け、街はずれの丘にのぼり、ダートを駆け抜ける、あらゆる走路のイメージ全てを網羅できるオールマイティな究極のフリーダムタイヤです。